部門紹介

リハビリテーション科
南山リハビリテーション病院 採用サイト
リハビリテーション科 方針

「あいさつ」と「思いやり」を大切にできる。
繋がることを意識して取り組む。
回復期リハビリテーションチームの一員として、各専門職種が役割を果たす。
患者様、ご家族に寄り添ったリハビリテーションを提供する。

南山リハビリテーション病院のリハビリテーション
「あいさつ」と「思いやり」を大切に

コミュニケーションのとりやすい職場環境であることが、患者さんへの質の高いリハビリテーションの提供につながると考えています。

そのために、「あいさつ」と「思いやり」を大切にしましょう。自分が出来ることを考え、行動し、助け合ってチームとして行動していきましょう。相互に声掛けを行うことで、複数の人で出来ることを増やし、リハビリテーションの質向上を目指します。「どうしたら患者さんのためになるか」「どうしたら業務効率化が図れるか」などを経験年数や役職に捉われず、提案し合える環境にしていきましょう。

南山リハビリテーション病院 採用サイト
繋がりを意識して取り組む

回復期リハビリテーションは、「急性期と生活期を繋ぐ」「医療と介護を繋ぐ」「患者さん・ご家族の未来を繋ぐ」役割を担っています。セラピスト同士、多職種チームの院内における繋がりだけでなく、稲城市初のリハビリテーション専門病院として、地域包括ケアシステムの一翼を担うために、院外における「地域との顔の見える繋がり」を目指します。

通所サービスや在宅サービスなど地域との繋がりをつくり、退院された患者さんがご自宅や施設に戻られてからどのように生活されているのかを知る機会を設けていきたいと考えています。

南山リハビリテーション病院 採用サイト
患者さん、ご家族のニーズに合わせたリハビリテーション

患者さんやご家族のニーズを置き去りにせず、先を見据えて「今、必要なことは何か」をチームで考え、そのために必要な専門的リハビリテーションを提供していきます。

患者さん一人ひとりの個性を尊重し「その人らしい生活」の再開を目指します。患者さんの疾患、身体だけを診るのではなく、人として向き合い、患者さんの人生に寄り添いながらリハビリテーションを実践していきたいと考えています。

南山リハビリテーション病院 採用サイト
教育・学習環境
プリセプターシップ制度、チーム担当制

少人数チームでプリセプター制を導入することで、OJTも進めやすく、より細やかな指導が可能となります。

個別担当制では継続的に担当患者さんを診ることができる反面、担当セラピストへの負担が集中しやすいことが課題となります。

当院ではチーム担当制を採用することで、日頃からセラピスト同士がコミュニケーションを取り、 様々な観点から患者さんを捉える機会が増えると考えています。

南山リハビリテーション病院 採用サイト
eラーニングによる学習

個人のスマートフォン、タブレット、パソコンなどからアクセスしてリハビリテーションの知識が学べるオンラインツールを導入しています。好きな時間、好きな場所で気軽に自己学習が可能です。

南山リハビリテーション病院 採用サイト
各種研修・資格取得支援

質の高いリハビリテーションを提供するために、院内研修や勉強会、症例検討会を行う予定です。出来る限り、業務時間内で開催します。

[研修内容]

  • 新人研修

  • 年次研修

  • 役職者研修

  • 多職種合同研修 等

南山リハビリテーション病院 採用サイト
資格取得支援

スキルアップにつながる資格取得や研修・学会への参加を支援しています。
「より専門性を高めたい」「強みを作りたい」など、知識や技術が身につき、活躍の場を広げられるようサポートします。

学会、研修会参加の補助

学会や研修会への積極的な参加も推奨しており、法人規定で補助もあります。