当院について

理事長挨拶
質の高いリハビリテーション医療サービスを提供します

医療法人社団慶晃会は2005年に向ヶ丘遊園に開院した大串整形外科を前身として2007年に設立した医療法人です。当法人は「かかりつけ医」として、患者様に安心を与え、地域医療に貢献することを理念に掲げ運営されており、現在5つの整形外科クリニックと1つの皮膚科クリニック、さらには運動リハビリに特化したデイサービスと訪問リハビリテーションなど7つの施設を展開しています。

 

これまで急性期医療を中心に医療サービスを提供してまいりましたが時代とともに求められるものも変わってまいりました。現在、地域包括ケアシステムの確立に向けて保健・医療・福祉制度の改革が実施されつつあります。その中で当法人がさらなる地域医療への貢献を思案した結果、これまで行ってきた急性期医療だけでなく、この地域に求められている亜急性期医療、すなわちリハビリテーション医療を新たに担うことを決断しました。

 

そして、南山リハビリテーション病院が稲城市を含め南多摩医療圏に不足している回復期リハビリテーション医療を担う施設として開設されることになりました。

当院は脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、廃用症候群等、人工関節後、脊椎脊髄手術後の回復期のリハビリテーション医療そして外来通院や訪問による生活期のリハビリテーション医療の提供を行っていく予定です。急性期病院から早期に患者さまを受け入れ、患者さまに住み慣れた地域や自宅で日常を取り戻し充実した自分らしい生活を送っていただくために、質の高いリハビリテーション医療サービスを提供することを目指してまいります。

医療法人社団慶晃会 理事長

大串 一彦