当院について

当院の特徴
ご自宅や社会に戻ってからの生活を見据えたリハビリテーション
稲城市初のリハビリテーション専門病院

当院は稲城市で初のリハビリテーション専門病院です。
急性期病院から早期に患者さんを受け入れ、住み慣れた地域で日常を取り戻し、自分らしい生活を送っていただくために、質の高いリハビリテーション医療を提供いたします。

当院は脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、廃用症候群等、人工関節後、脊椎脊髄手術後の回復期のリハビリテーション医療そして外来通院や訪問による生活期のリハビリテーション医療の提供を行っていく予定です。

患者さん・ご家族の未来をチームで考える

患者さん・ご家族のご希望を大切にし、それに向けて「今、必要なこと」を多職種で考え、各患者さんに合わせたリハビリプログラムを作成します。また、定期的にカンファレンスを開催し、患者さんの状態や退院調整について、多職種で共有します。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士、介護職などの各職種が連携し、後遺症の回復や日常動作の改善・向上を目指します。

個別性を重視し、身体と心の両面に向き合う

患者さん・ご家族は、突然の怪我や障害に対して、様々な不安や葛藤を抱えています。私たちは、患者さんに人として向き合い、一人ひとりの個性を尊重し、その人らしい生活の再開を目指して支援を行います。そして、疾患や身体だけを診るのではなく、心も前向きになれるようなリハビリテーション医療、看護を提供します。

"生活の場"としての入院生活

セラピストとリハビリテーションを行う時間以外の病棟で生活する時間もリハビリテーションの場と考えています。
退院後の生活を見据えた日常生活動作(食事・排泄・着替え・入浴など)への取り組みを積極的に行います。患者さんの自立を促し、自信をもって退院いただくことを目指します。

院内はとても開放感があり、明るく気持ちのよい雰囲気の中でリハビリテーションに取り組めます。

地域との顔の見えるつながり

院内における各職種間の連携だけでなく、稲城市初のリハビリテーション専門病院として、地域包括ケアシステムの一翼を担うために、院外における「地域との顔の見えるつながり」をつくります。

リハビリを目的とした急性期病院、地域の医療機関・介護施設からの患者さんの受け入れ、地域のケアマネージャーとの連携、退院後の在宅サービス、かかりつけ医との連携など、患者さん・ご家族が不安なく生活に戻れるよう、病院から地域へ切れ目のない支援を行います。

働くスタッフも笑顔な病院

スタッフが自然に笑顔になれる職場環境を目指します。スタッフが生き生きと働ける職場であることが、患者さんの笑顔、回復につながると考えています。

「どうしたら患者さんのためになるか」「どうしたら業務効率化が図れるか」など、各職種の専門性を活かしながら、経験年数や役職に捉われず、提案し合える環境にしていきましょう。